• HOME
  • 低レバレッジから始めてみる

低レバレッジから始めてみる

FXでローリスク取引による投資を考えているなら、ぜひ、「レバレッジ」という言葉を覚えておいて下さい。レバレッジとは、本来、「てこ」という意味です。てこは、僅かな力でその何倍もの力を得られるわけですが、レバレッジも原理は同じ で、例えば、自分の投資資金が100万円でも、その現金100万円以上の取引ができるシステムと、まずは覚えて下さい。
FXでは、実際、このレバレッジを利かせた取引ができるのですが、その利用には少々注意が必要です。

注意1

レバレッジを利かせた取引をした場合、もちろんうまくいけば、得られる利益は非常に大きくなりますが、逆に意図と反する結果になったような場合、損失も非常に大きくなるということを、肝に銘じておいて下さい。



注意2

最悪の場合、投資資金以上の損失を被るような場合もあります。つまり、高いレバレッジの取引をしますと、実際の現金の十倍~数十倍の取引をすることになりますから、意図した動きと逆に相場が振れた場合、損失分を証拠金(FX業者に差し入れたお金)でまかないきれなくなってしまうケースが出てきます。
この場合、所定の期限までに追加証拠金を納める必要があり、万一それが調達できなければ、業者から強制決済されてしまいます。もちろん、被った損失はきっちり請求されることになりますので、くれぐれも注意が必要です。

いかがでしょう。こんなことを書きますと、なんだかちょっと腰が引けてしまうような気持ちもするかもしれませんが、これは、あくまで、「無計画にやったら、こんなことだってあるのですよ」という例をお示ししただけ。きちんとリスク管理をして、どこまでのリスクまでなら許容できるか?さえしっかり認識していれば、別に問題はありません。まずはレバレッジは低いところ、初心者なら、1倍~3倍までの範囲内で行うことをお勧めします。