• HOME
  • ミニ株って何だ?

ミニ株って何だ?

ローリスク取引による株式投資にはとても興味があるけれど、金額もそれなりに必要だし、いきなりはちょっと不安。練習じゃないけど、ローリスクな中で実践的に練習するような方法って、無いの?といった声を時々耳にします。
答えは「Yes」です。あります。皆さんは、ミニ株という言葉を聞いたことはありませんか?ミニ株といっても、株券が小さいからミニ株、という意味ではありません。何が小さいのかといいますと「売買に必要な最低資金」が少なくて済むのです。どういうことか、具体的に見て行きましょう。

株式には売買単位がある

まず、ひとつだけ覚えておいて欲しい用語があります。「売買単位」という用語です。これは、まあ、ロット、というようなイメージをして下さればよいかと思います。株式というのは、買い付けするにあたって、○株単位で買って下さい、という最小の売買単位があります。

例えば、1000株単位で買って下さい、とか、100株単位で買って下さい、といった具合です。一概には言えませんが、1000株単位というのが、比較的オーソドックスだと思います。売買単位は、単元株、と呼ばれることもあります。



ミニ株の売買単位は通常の10分の1

そうです。ミニ株の場合、この売買単位が、通常の売買単位の1割なのです。例えば、1株500円の株があったとします。通常の売買単位が1000株なら、500円×1000株=50万円からでないと、その銘柄を購入することはできません。(手数料は除く)これが、ミニ株の場合、10分の1から購入できるわけですから、5万円から購入可能、ということになるわけです。

いかがでしょう。もちろん、5万円とはいえ、慎重に投資しなくてはなりませんが、これなら、比較的安心して株式投資をスタートできるのではないでしょうか。